看護師求人準夜勤.com (準夜勤でお仕事できる病院求人情報)

メニュー

面接時の思い出

他のお仕事話

病院でのこと

リンク集

運営者情報

花屋にとって一番多いのは「花が長持ちしなかった」というクレームです

"私は自営の生花小売業者です。多いクレームは2つ。「切花が長持ちしなかった」と「鉢花が枯れてしまった」です。
鉢花の場合は置き場所や育て方、特に水やりの方法が失敗の原因になります。店で販売した商品そのものに問題があることはまれで、たいていはお客さんのほうに原因がありますから、くわしく事情をお聞きして育て方のアドバイスをするようにしています。ほとんどのケースはそれで納得してくださいます。
もう1つの切花のほうのクレームはもう少しやっかいです。こちらも管理のしかたによって長持ちしたりすぐにだめになったりするのですが、鉢花のようなはっきりした事情がなかなかわかりにくいのです。
けれど、以前、「原因がはっきりしているクレーム」に遭遇したことが1度ありました。それは自宅用に切花をお買い求めになった、若い女性からのクレームでした。「買った花が数日でしおれてしまった」というのです。
夏でしたから、たしかに切花のもちが悪い季節ではあります。けれど、その方の買われた花は種類から考えて、そんなに早くだめになるはずがないのです。それで、「水替えはなさっていますよね」と確認すると、「え? 水替えってなんですか?」との答え。
切花は少なくても日に1度はきれいな水に替えるのが常識、と思っていましたから、私も「えっ」とおどろきました。つまりその方は買ったときに花瓶に生けたまま、1度も水替えをしなかったのです。しかも日の当たる出窓のところに置いていたというのですから、切花にとっては最悪の環境。
原因がはっきりして、私はほっとしました。それで失礼にならないように気をつけながら、切花を長持ちさせるためのコツをいくつかお話ししたのです。
お客様も最後には納得してくださり、また切花をお求めくださいました。少し値段を勉強し、それから切花を長持ちさせる薬剤の小袋をサービスにつけました。そのお客様は今でもひいきにしてくださっています。"