看護師求人準夜勤.com (準夜勤でお仕事できる病院求人情報)

メニュー

面接時の思い出

他のお仕事話

病院でのこと

リンク集

運営者情報

準夜勤の看護師の求人と勤務サイクル

夕方から深夜まで働く準夜勤の看護師。3交代制のシフトを敷いている医療機関で導入されている形式です。敬遠されることが多い夜勤の看護師ですが、夜勤の手当がもらえ、しかも深夜勤ほど負担が少ないということもあり、希望する人も少なくありません。準夜勤の看護師を募集する求人も多く見かけることができます。

では、準夜勤で働く場合にはどのような勤務サイクル、そして生活環境となるのでしょうか。毎日準夜勤で働く場合、帰宅するのは午前2時〜3時くらいになります。その後就寝するとなると起床は午前10時〜11時くらいになるでしょう。そして午後3時〜4時からの勤務に備えてさまざまな準備を行うことになります。注意したいのは勤務時間ギリギリに出勤するのではなく、早めに出勤して患者の情報収集をしっかりと行っておくこと。昼間に手術など大掛かりな治療を行った患者も多く、そのケアをしっかり引き継ぐことが準夜勤の看護師には求められるのです。

準夜勤でも当然休憩はあります。だいたい午後5時〜6時くらい。その間に食事を摂り、夜の勤務に備えて英気を養うことになります。もちろん、他のスタッフと交代で休憩しますから、日によって時間帯が異なってくる場合もあります。

消灯は午後9時。その後深夜勤の看護師が出勤して引き継ぎを行うまで夜間勤務となります。

準夜勤の看護師は深夜勤ほど不規則な生活にはならず、昼夜が逆転することなく生活を送れる点に大きな特徴があるといえるでしょう。準夜勤で働きたいと思っている人は、こうした生活・勤務サイクルを確認した上で求人情報を探すようにしてはいかがでしょうか。