看護師求人準夜勤.com (準夜勤でお仕事できる病院求人情報)

メニュー

面接時の思い出

他のお仕事話

病院でのこと

リンク集

運営者情報

準夜勤の看護師求人を探す際の注意点

夕方から深夜にかけて勤務する準夜勤。1日のシフトを3つに分ける3交代制を導入している医療機関にある形式です。午後4時くらいから深夜12時〜1時くらいまでを就業時間としており、時間帯だけでなく、勤務内容も日勤と深夜勤のちょうど中間に位置するような環境となっています。

この準夜勤での就業を目指す場合、求人情報をチェックする際にはいくつかの注意点があります。まず雇用形態。派遣・パートか正規雇用か。夜勤は長続きしないケースが多いため、派遣・パートでの募集が多い傾向があります。しかし準夜勤の場合、深夜勤に比べると不規則な生活になりにくいこともあり、長続きしやすい面があります。そのため正規雇用としての募集も見つけられますから、自分がどちらの形態での雇用を求めているのかを確認したうえで探すようにしましょう。

それから給与形態。夜勤手当が発生する準夜勤、深夜勤の場合、求人情報に掲載されている給与形態では具体的な収入をよく把握できない場合もあります。求人情報でよく見かける記載方法では「基本給+夜勤手当」「1回ごとの夜勤の給与」などのタイプがあります。それぞれの計算方法を把握し、複数の求人を比較する際にはどこが1番給与が恵まれているのかをよく確認しておくことも求められます。

また医療機関のタイプもチェックしておきたいところ。緊急の患者が多いところ、急性期の病院、慢性期の病院、それぞれ準夜勤、深夜勤に求められる業務内容が異なってきます。自分に向いた環境、チャレンジしがいのある環境を探すことも長続きさせるためのポイントとなるでしょう。